海の野菜「海藻スイーツ」シリーズは、貴重な食材を大切にしながら「美味しく食べて、知る」ことをテーマにしています。

ひじき

「海藻スイーツ」を作るきっかけ

AS muffinは、マフィン好きのイモウトと、海を愛するアネ、姉妹2人で運営しています。
アネが海に関する活動をする中で「これ、お菓子にできる?」と手渡された食材に海藻(ひじき、昆布)があります。
食材の特徴を理解するため海藻について調べるうち、それまで詳しく知ることがなかった海の状況を見聞きすることに。

「磯焼け」をご存知ですか?

磯焼けとは、海辺のさまざま海藻が減少して、岩場ばかりの“のっぺらぼう”になった海の状態です。
海藻がなくなると、海藻をエサにしているサザエやアワビ、海藻に隠れて育つ稚魚たち、それらを獲って生活する人達、多方面で残念なことが連鎖します。

磯焼けの要因は様々です

磯焼けが起こる原因は、ひとつではありません。
海流の変化、海水温の上昇、ウニなどによる食害、都市部からの大量の河川水や砂泥の流入など、さまざま要因が挙げられています。

貴重な海藻…食べたら減らない?

減りつつある海藻を使ってケーキにしていいのかな…?
自問自答の末、出した答えは「適切な時期に、適量を、丁寧に売る」ことでした。

「美味しい」は当たり前、「地球に優しい」も当たり前

海藻スイーツシリーズでは、積極的に海のお話をしていきます。
良い知らせもあれば、そうでないこともあると思います。
ただし、お菓子としての美味しさは保証します!

たかがスイーツ、されどスイーツ

あまり真面目臭くなりたくないけど…ウソの無い気持ちとして。
「地球に優しい」は特別なことじゃなく、意識が向けばいつでも行動出来ることだと思います。
1人の行動が与える影響は微々たるものですが、いま海で起きているできごとがスイーツになることで「人に伝わりやすく」なることを願っています。

海の野菜「海藻スイーツ」シリーズ

■国産ひじきのパウンドケーキ
三浦半島の葉山港で水揚げされた「ひじき」を使います。
シンプルだけど奥の深いパウンドケーキ。
その美味しさを最大限に引き出しながら、海の野菜「ひじき」の個性も楽しめるよう試作を重ねて生まれました。
パウンドケーキ生地に風味豊かな国産ひじきを加え、しっとりと焼き上げています。

ひじきケーキ
ひじきケーキ

■“ぶんこのこんぶ”昆布クッキー
ほのかに香る磯の風味が後引く美味しさの昆布クッキーです。
昆布ペーストをベースに作られるクッキーは、見た目もコロコロと可愛らしく、サクッホロッとした食感を楽しめます。
材料には、横浜市金沢区で行われているブルーカーボンの取組み(海中の二酸化炭素を海藻に吸着させる)で養殖された昆布を使用します。

昆布クッキー
昆布クッキー

限定販売のため品切れの際はご了承ください

オンラインストア